使わない家電を処分してもらえる

>

家電リサイクル法を知る

リサイクル法を守ろう

パソコンや冷蔵庫、洗濯機などの家電は家電リサイクル法に該当します。
行政は引き取ることができないので、購入したお店に持って行って、引き取ってもらってください。
しかしかなり昔に購入した家電の場合は、どこで買ったのか覚えていない人もいるでしょう。
そのお店がすでに、潰れていることも考えられます。

不用品回収業者は、リサイクル法に該当する家電でも引き取ることができます。
その後は適切な処理をしてくれるので、安心して任せてください。
間違った方法で処理すると、環境破壊に繋がります。
処理の方法に分からないことがある時は、業者や自治体に相談すべきです。
決して自己判断してはいけません。
決められている法を破ると、厳しく罰せられてしまいます。

複数の家電を出す時

たくさんの家電を、一気に処分したい時があると思います。
行政に依頼するなら、家電リサイクル法に該当する家電を分別しなければいけません。
そして、その家電を購入したお店に持って行かなければいけないので、処理し終わるまでに時間がかかります。
それぞれの家電を異なるお店で購入した人もいるでしょう。

いくつものお店を巡らないといけないので、不用品回収業者に任せることをおすすめします。
時間短縮に繋がるので、引っ越しの準備などをしている時でも安心ですね。
どんなものでも回収してくれるので、構わず依頼してください。
引っ越しの日までに自宅が片づかないと、トラブルが起こってしまいます。
緊急事態の時に、業者を使う人も多いです。